おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
福島県米づくり状況
米政策改革情報
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー
おいしい、こめニティー
ご飯を食べる皆様へ

会津コシヒカリをはじめ県産米の美味しさを首都圏でアピール
「第12回JAグループ国産農畜産物商談会」に出展

2018年4月13日
 東京・有楽町の東京国際フォーラム(千代田区)で3月14日〜15日の2日間、「第12回JAグループ国産農畜産物商談会」が開催された。同商談会は、全国の農産物の産地と消費地の実需者を結び付けるもので、地域色あふれた自慢の農産物・加工品が出展される。福島県からは、JA全農福島園芸部・畜産部やJAパールライン福島(株)、(株)JAライフクリエイト福島が出展。
 JAパールライン福島は、会津産コシヒカリをイチオシ出展商品とするほか、会津産ひとめぼれ・福島産天のつぶ、また新商品として里山のつぶを出品した。ブースのテーブルには、会津産コシヒカリの5キロ袋のほか、3種類(コシヒカリ・ひとめぼれ・天のつぶ)の食べ比べセット、他県産米との詰め合わせのキューブ米セットなどが展示された。また、JAライフクリエイト福島は、福島県産米で作った5種類の煎餅を出品。
 当日は、多くの来場者が詰め掛け、終日賑わいを見せた。福島米の美味しさも良く多くの実需者にアピールすることができた。

JAパールライン福島は、会津産コシヒカリをイチオシ商品とした テーブルには会津産コシヒカリの5キロ袋など

3種類の食べ比べセット、他県産米との詰め合わせのキューブ米セットなども展示


うつくしま、ふくしま米情報センター