おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
福島県米づくり状況
米政策改革情報
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー
おいしい、こめニティー
ご飯を食べる皆様へ

米・野菜・加工品などを首都圏の消費者にアピール
日本橋の三越前駅コンコースで「福島産直市」開催

2018年12月25日
 東京・日本橋で12月21〜22日、「第14回福島産直市」が開催された。これは、福島県の復旧・復興を願い、県産品と観光の支援を継続的に展開する「ふくしま⇔東京キャンペーン」の一環。主催は東京メトロで、東京都と福島県が共催。中央区が後援し、協力は名橋「日本橋」保存会、東京商工会議所、JA全農福島。開催場所は、地下鉄銀座線・三越前駅の地下コンコースで、半蔵門線・三越駅前も最寄り駅となる。
 この産直市には、全国新酒鑑評会で金賞受賞数6年連続日本一に輝いた福島県産の日本酒や、いちご・トマト・春菊・しいたけなどの野菜やイカ人参、「あんぽ柿」、菓子類などが並べられた。米は、コシヒカリ・ひとめぼれ・天のつぶ・里のつぶの4銘柄の精米(300グラムの脱気米)を1袋300円(税込み)で販売。また、商品購入者には、カレンダーがプレゼントされた。
 コンコースを通る人は途切れることはなく、また東京都がラジオなどで産直市開催をPRしたこともあり、両日とも賑わいを見せた。

「第14回福島産直市」が
東京・日本橋で開催された(12月21〜22日)
コシヒカリ・ひとめぼれ・天のつぶ・
里のつぶの4銘柄が並べられた

東京都のラジオでのPRもあり
両日とも賑わいを見せた



うつくしま、ふくしま米情報センター